Interview 04

コンサルティングが楽しくなる!
生きがいをもって働ける場所を
つくりたい

interview04_KV_PC
2019年3月入社
取締役シニアマネジャー金子

大手コンサルティング企業にて、事業企画・マーケティングを中心に多数のコンサルティング業務に従事したのち、Coumを共同創業。クライアントの課題解決や価値向上の実現にこだわったサービスの提供や、社員が生き生きと働けるCoumの組織づくりに注力している。慶應義塾大学卒、MBA。

Coumの共同創業メンバーでもありますが、Coum創業に参画した理由を教えてください

前職のコンサルティングファーム時代に、代表の廣瀬と同じデジタル領域専門グループで多数のプロジェクトを手掛けていました。その中で、このデジタル領域に特化した組織を立ち上げ、人材採用や開発、プロモーションを行うとより高い価値提供ができるのではないかと考えていました。

前職もとても良い会社だったのですが、創業という形をとった方がスピード感を持って理想に近づけるのではないかと感じ、創業メンバーとして参画しました。

現在、取締役として経営にも携わっていますが、Coumを設立してからご自身のキャリアはどのように変化・成長しましたか?

創業前は、私自身、経営コンサルタントという職種ながら実際に経営をしたことがないというところに違和感もあり、いつか経営に携わりたいという気持ちがありました。

Coumで経営に携わり、コンサルティングを仕事ではなく成長させるべき事業として捉え、試行錯誤したことで、経営の実体験を元により価値のあるコンサルティング支援ができるようなったと感じます。支援するプロジェクトや部署への価値提供だけでなく、クライアントのビジネス全体を考慮して、最適な判断や価値提供を自然と行えるようになりました。

Coumだからこそ提供できる価値を教えてください

大きく2点あります。
まず、デジタル領域における新規事業創出における経験と実績に基づくコンサルティングです。Coumで担当しているクライアントの課題は、いずれも、データ活用や新規事業創出です。通信やメディア等の大手企業が多いのですが、最近では食品卸の企業への支援など業界の幅も広がっています。

2つ目は、支援体制の柔軟性です。Coumでは、クライアントに必要な支援や価値を適切に提供するために、自社の社員だけでなく、様々な外部パートナーとも協力しながら最適なチームを構築し、プロジェクトに取り組んでいます。
特にこの点は、チーム単位でサービス企画、採用・人事、収支管理といったあらゆる領域を権限委譲する「チーム経営型組織」を実践するCoumだからこそ提供できる価値だと思っています。

Coumでチームをリードしていますが、チームメンバーを育成し成果を出していくうえで、リーダーとしてご自身が気を付けていることなどありますか?

自社の社員や外部パートナーも含め、気持ちよく生き生きと仕事をし、自分の得意なところやスキルを意欲的に発揮してもらえる環境作りを心がけています。
普段のコミュニケーションだけでなく、プロジェクト前や都度、チーム・ラーニング(個々人の経験やスキル、生活リズム等を共有し、望む働き方が実現できるようコミュニケーションを取る施策)などの制度も整えています。

また、自分の仕事の幅を増やしてもらいたいので、ストレッチ要素のあるタスクや業務をできるだけ任せるというところにも心がけています。

コンサルタントとしてのモットーはありますか?

私に限ったことではないと思いますが、コンサルタントとして期待値を超えていくことや、なるべく具体的で実効性のある提案を意識しています。絵に描いた餅ではなく、本当にクライアントにとって意味があり、実現性のある価値提供をしていくことがモットーです。

また、一般的にコンサルタントは論理的思考力が求められ、もちろんそれは基礎として大切な部分ですが、私たちが関わっている新規事業創出の領域は、論理的思考だけでは答えが出にくいものです。だからこそ、可能な限りクライアントや競合のサービスやプロダクトを実際に利用し、自分が体験して感じたことを大事にし、体験しないと気づけない部分を探すようにしています。それを論理的思考でフォローすることで、より本質的で、高付加価値な支援ができるよう心掛けています。

Coumの採用にも関わっていますが、応募者のどのような点を見ていますか?どのような人が、Coumに合うと思いますか?

面談の中で、論理的思考力がどの程度あるかは確認しています。例えば、事実と客観的意見を分けて話すことができるか、一つのことを深く考えられているかなどを、様々な角度から見ています。

また、一緒に働く方に興味を持ち、気持ちよく働こうと試行できる方は、Coumに合うと考えているので、そのような協働の姿勢があるかどうかも見ています。

加えて、コンサルタントとしてのキャリアをある程度お持ちの方に対しては、Coumを活かしてその方のキャリアをどのように広げられるか、対話を通じてすり合わせていきたいとも考えています。

Coumが目指す「プロフェッショナルにとって最高の場所」とは、金子さんにとってどのような場所でしょうか?

生きがいをもって働ける空間、場所です。
自分の得意なこと、好きなこと、将来目指している方向と、取り組む仕事の方向が合致していると、活き活きと働けると思っています。

しかしながら、自分が何をやりたいのか、何が得意なのか、はっきり分かっている方も少ないと思います。
Coumは、コンサルタントとしてのスキルを伸ばしていける環境を提供しつつ、社員が興味ある領域に手を広げる活動も支援しています。例えば、国内・海外視察サポートやキャリアアップ制度などの制度も整えています。
また、これはまだ構想段階ではありますが、Coumという枠を越えて何かにチャレンジしたい人には、子会社化や新規事業創出という形で資金的な面でも協力できるような体制もつくれればと考えています。
個々によって色々なレベル感があると思いますが、Coumは、どんな社員でも生きがいをもって働ける空間・場所でありたいと思っています。

コンサルタントを経験された方がCoum選ぶ理由はどこだと思いますか?

コンサルティングをしていて楽しくなると思います。コンサルタントは、基本的には他社の事業や経営に関するコンサルティングを外部から提供するものなので、最終的に自分には決定権がありません。また、大手コンサルティングファームでは、帰属意識を持つことが難しく、組織の歯車として「自分は何をしているのだろう」と悩んでしまう方も少なくありません。

一方、ベンチャー企業であるCoumは、チーム型経営を実践しながら、組織を一緒に大きくしていくフェーズでもありますので、クライアントワークだけでなく、一緒に会社を作っていくという楽しみがあります。自社の経営に関わることでコンサルティングの幅が広がっていくと思います。

応募を考えている方に一言お願いします

絶対Coumがいいですよ!
元々みんなが気持ちよく働くことができるとてもいい雰囲気の会社ですが、よりよい会社にしようと思っています。
一緒に会社を大きくしていきましょう!

Scroll
  • wantedly
  • facebook