Interview 02

柔軟で相手のことを考えて
動ける人たちの集まり

シニアプロデューサー
2020年10月入社
シニアプロデューサー遠藤

顧客接点のデジタル化をテーマとし、幅広いDX施策を企画から実行まで一気通貫でサービス提供することを目的としたCoumの新たな事業の柱と、それを担うチームの創出に取り組んでいる。

前職は?どうしてCoumに転職したきっかけは?

前職は、ウェブマーケティング会社で、コンサルタントとして、ウェブ制作や、ウェブ広告・マーケティング事業に携わり、案件管理や営業、提案業務などを担当していました。

転職のきっかけは、当社代表・廣瀬さんとの出会いでした。実は、廣瀬さんは、前職のクライアントだったんです。前職では企画や仕様が予め決まっているプロジェクトの下流工程を担当している状況で、最上流から一貫して取り組める仕事がしたいと思っていました。
また、WEBマーケティングという特定領域にしばられることなく、最先端テクノロジーも含めた様々なDX施策を提供していくことにも興味がありました。それをどちらも解決できる環境がCoumにはあると思い、入社を決意しました。

やりたいなと思っていたことは、Coumで実現できていますか?

はい、すでに結構できてますね(笑)。全社戦略に即したコーポレートサイトの刷新、様々な広告媒体を活用したプロモーション、SaaS導入など、前職からやりたいなと思っていたことは結構やれています。まだ結果は出ていないものも多いので、道半ばという感じですが。これから実現していくという感じです。

Coumで働く魅力や、これまでの職場と違う点などは?

ティール型組織*のモデルを実践していることに驚きました。普通の会社もチーム型経営ってよくやってますけれども、あくまで営業活動とか、現場でのデリバリー業務に関する裁量までだと思うんです。でも、Coumでは、経営方針、サービス開発、そして採用まで権限委譲されるので、まるでチームがひとつの会社のように「経営」しているイメージです。

もともと、経営的な視点をもって、自分でいろいろ裁量を持ってやりたいという思いがあったのですが、それがCoumのチーム経営型組織だとできるんですよね。それが、普通の会社と違う点で、とても魅力に感じています。

後は、Coumは優秀な方々が集まっていると感じています。ポテンシャルが高いだけでなく、クライアントや同僚をおもんばかることのできる人が多い。前職はどちらかというと職人気質のメンバーが多かったので、Coumのメンバーのコミュニケーション能力の高さや、論理的思考力の高さには驚きました。

あと、働く環境は非常にいいですね。自由ですし、無駄なことがなく、効率よい働き方が実践できると思います。

*ティール型組織モデルとは:組織をひとつの生命体として捉え、指示命令といったヒエラルキー構造ではなく、組織の目的を実現すべく(主にチーム単位で)メンバー全員で行動するスタイルの組織モデルです。

新たなDX領域のサービスを担当されていますが、コンサル事業のメンバーとの協業から得られるものは?また、自分が一番貢献できていると思える点は?

会議のファシリテーション能力や、チームで次々に課題に取り組む際の課題解決力やスピード感、資料のドキュメンテーション能力の高さなども非常に勉強になります。

逆に、まだ、Coumにはクリエイティブやデジタルツールの導入などを担当できる人材が少ないので、DX領域のプロフェッショナルとして、自分は、その分野での新事業領域を広げていくことに貢献できてると思います。

特に、今後DX職で入社される人にとって、Coumにはどのような成長機会がありますか?

Coumで働くことで、DX職の方は、自分の事業領域が確実に広がると思います。例えば、WEB業界の方は、クリエイティブ制作・ウェブ広告・SEO対策など、ある一定の領域を極めていくような方が多いと思います。

でも、CoumのDX事業は、経営課題を解決するデジタル化を実現するために、幅広いDX施策を企画から実行まで一気通貫でサービス提供を行います。上流から各種DX施策の実行まで一貫して手掛けることができるため、きっとやりがいを感じることが出来ると思います。

どんな人がCoumに合うと思いますか?

ベンチャー企業なので、待っていても仕事は来ない(笑)。成長意欲があって、チャレンジ精神があって、主体的な人が合っているかなと思います。ただ、協調性もとても大事です。Coumの人たちは、クライアントにも、同僚にも配慮ができ、いろいろなことを考慮してコミュニケーションがとれる人が多い。柔軟で相手のことを考えて動ける人たちの集まりなので、主体性がありつつ協調性がある人がフィットするかと思います。

Coumのコンサル事業はすでにある程度確立されていますが、DX事業はまさに今サービス内容を作っているところなので、スタートアップでサービス開発をしているのを楽しめる人が良いと思いますね。

Coumを一言でいうと?

高品質なサービスを提供していながら、相手をおもんばかれるプロフェッショナル集団。

週末や休みの日はどのように過ごしてますか?

週末は、ほんとインドアです。ジムに通い始めてはいますが、週末は家でゲームしたりしてます。休日を使って、経営やデジタル系のことを学べるコミュニティにも入りたいなと思ってます。Coumのキャリア支援制度を使って、スクールなどでもう一度勉強したいなとも思っています。

最後に、応募者の方々へ一言!

スタートアップならではの面白さがあります。創業期かつ新サービス開発をしているところなので、楽しいですよ!

Scroll
  • wantedly
  • facebook